甘酒ダイエットの効果的をアップさせる方法

普段の生活の中で甘酒を常に飲もうという習慣はないのですが、甘酒もダイエット効果が期待できる食材の一つらしいです。

方法としては、おやつのかわりに飲むだけでもよし、牛乳などを入れてみるのもまた一味違う感覚で飲むこともできます。

黒蜜やきなこをかけてもOK

そのまま飲むのが苦手な人は、牛乳など加えて寒天で固めて黒蜜やきなこをかけて食べてみるのもありです。

牛乳が苦手な人には、豆乳にかえてみるのもいいかもしれません。飲むだけの簡単ダイエットですが、甘酒は栄養価がすごく高く身体を温めてくれるので代謝を上げる効果もあります。

甘酒の糖分はすでにブドウ糖であるため、身体が必要としたときにすぐに消費されるので身体に残りにくく、血糖値がすぐに上昇し脳への糖分の供給もスムーズに行われ満腹中枢に刺激を与えるため満腹感もでてきます。

満腹感を少しの甘酒で得られるのは、ストレスも溜まりにくいので有り難い。たとえおちょこ一杯の甘酒でも、十分な満腹感が味わえるのです。

便秘の解消にも

大量に飲まなければならないものではないので、とても有り難いですね。また甘酒にはオリゴ糖といった糖分が含まれるので、便秘の解消にも効果があります。

ダイエットには必要な代謝も、身体を温めてくれることと、米麹に含まれる成分によって上げることができます。

寝る前などに飲むと、身体を温め、程よい糖分で疲労回復にもなります。冬場だけしかあまり飲まれることがない甘酒ですが、ダイエットにはとても効果的な成分が多く含まれ、健康にも良いのでぜひ取り入れたいダイエット方法ですね。

甘酒ダイエットの効果を上げるポイント

甘酒でのダイエットも、工夫次第で効果をもっと上げることができます。甘酒には2種類あるのですが、米麹で作られたものと酒粕で作られたものとあります。

まず甘酒ダイエットをするならば、米麹で作られたものを選ばなければなりません。酒粕でつくられた甘酒は砂糖を加えます。

ですが米麹で作られた甘酒の甘さは米麹独自のもので砂糖は加えません。この違いによって、ダイエット効果に大きく影響するのです。

米麹の甘さはブドウ糖によるもので、ブドウ糖がエネルギーにかわり、代謝を上げ脂肪の燃焼に効果を与えてくれます。

なので、ただ甘酒だからいいというわけではなく、ダイエット効果のある種類の甘酒を選ぶようにします。

また、ダイエット効果のある甘酒の一つが米麹でしたが、最近ではもっと効果を上げてくれる甘酒もあるのです。それはお米の種類を変えることなのです。

玄米から作られた甘酒ならさらに効果的

甘酒というのは普通のお米から作られていますが、玄米から作られた甘酒もあります。お米のブランドではなく普通のお米から、そのまま食べても健康に良いとされる玄米に変えてみることでさらに高いダイエット効果を得られるというわけです。

最近では自然食品のお店などでも購入することができますが、自分で作ることも出来ます。玄米は白米に比べて、ビタミンやミネラル、あとは食物繊維が豊富なので、栄養価が高いとされています。

栄養価の高い玄米で作られた甘酒は、普通の白米で作られたものよりも、ダイエット効果は高いでしょう。

この二つのポイントを押さえておけば、より良い甘酒ダイエットを始めることができ、効果にも満足いくのではないでしょうか。

■ メニュー

TOPページに戻る